イベント情報

決戦は日曜日!2010レンタルカート&スポーツカート6時間耐久レース
暫定エントリーと代表者様にお願い

真夏の祭典「2010レンタルカート&スポーツカート6時間耐久レース」の参加受付を終了しました。

Aパドック駐車場(レーシングコース) 使用についてのお願い

    Aパドック駐車場は各チーム1台のみご利用できます。
    駐車証は当日朝チャレンジカートパーク横にて、各チーム1枚配布いたします。
    なお、お荷物を降ろすためにAパドックには入れますが、おろされた後は速やかにBパドック駐車場に移動をお願いします。

暫定タイムスケジュール

    06:45・・・・・・・・・・・ゲートオープン
    07:45~08:05・・・受付
    08:10~08:40・・・ブリーフィング
    08:45~09:30・・・予選
    10:10~10:30・・・スタート進行 ルマン式スタート
    10:30~16:30・・・6時間耐久レース

エントリーリスト(受付順)

  • レンタルカートクラス
    ゼッケン チーム名
    1 突撃戦隊トマレンジャー
    2
    3 High Octane
    4 箕田工務店
    5 IRIDIUM’s
    6 Team極
    7 AMANO SOLDIER RACING
    8 水曜レーシング
    9 マルヤマレーシング
    10 ふんじゃえあくせる
    11 ドリフトンセニャ
    12 Team IRC Racing
    13 Jtis-MSC
    14 ビートゥゲザーレーシング
    15 ガールズレーシングクラブ幸田
  • スポーツカートクラス(持込)
    ゼッケン チーム名
    21 NACタカスサーキット
    22 ベローチェ モータースポーツ
    23 幸田サーキット
    各チームの代表者の方は、メンバー表の提出をお願いします。
    提出は、お持込、メール(yrp@yrp-net.com)またはFAX:0564-62-7548のいづれかでお願いします。
    *訂正 申込書のスポーツカートの見舞金制度費が300円(1名)となっていましたが、正しくは700円(1名)の誤りです。
    申し込まれた方には大変ご迷惑をおかけしました。

開催迫る!7月19日「~女性ライダーの集い~」
レディース・ミーティング2010開催
主催:K-MAX&MSA

~女性ライダーの集い~レディースミーティング2010

タイムスケジュール(暫定)

    7:00 ゲートオープン
    *女性ライダーはAパドック・男性ライダーはCパドックへの誘導になります。
    8:00 受付開始(Aパドック)
    8:45 ブリーフィング(ピットロード)
    9:00 9:10 サーキット・ツーリング 第1ラウンド
    9:15 9:25 サーキット・ツーリング 第2ラウンド
    9:30 9:40 サーキット・ツーリング 第3ラウンド
    10:00 10:40 テクニカルレッスン
    11:00 11:30 ライダートークショー
    11:30 終了
    ※ サーキット・ツーリングは中級クラス・初級クラス各15台程度に分けて先導つきで走行します。
    ※ 参加者多数の場合、テクニカルレッスンはサーキット・ツーリングに変更させて頂きます。

関連催事

    12:00~ 道の駅「筆柿の里・幸田」イベント

アクセスマップ(7月19日 2輪は農道通れません。)

事務局(イベントの問い合わせ先)

    〒444-0044
    岡崎市康生町南3-2 221ビル 3F
    ㈱MSA 内 「女性ライダーの集い」運営事務局 担当:筒井
    TEL:0564-21-3393
    FAX:0564-21-4628
    URL:msa221.com

2010 鈴鹿クラブマンレース Round4 Endurance Stage
「チーム幸田サーキット」参戦!完走!入賞!

2010年 7月10-11日、鈴鹿サーキットで開催された、「2010鈴鹿クラブマンレース Round4」のFJ1600クラスに渡邊季邦(No.75 幸田サーキット花林果.関宮Sレプリ04J)・宇井健剛(No.71 レプリ☆幸田サーキット)、300km耐久レースのEndurance StageにEK9クラス(No.60 伊藤英行・窪田俊浩組 永井医院☆幸田サーキットK-engEK9)、FFチャレンジクラス(N0.61 弥永朗・杉原国太郎組 幸田サーキットYRP☆K-eng EG6)、また同日開催の「Netz Cup Vitz Race 2010 関西シリーズ 第3戦」には、幸田サーキットクィーンを勤める、小林真奈美(No.969 グッドイヤー ネッツ東名古屋 Vitz)が参戦した。

予選(7月10日 天候:晴れ 路面:ドライ)

  • FJ1600クラス  渡邊季邦(No.75 幸田サーキット花林果.関宮Sレプリ04J)が2′20.732のタイムで2番グリッドを、宇井健剛(No.71 レプリ☆幸田サーキット)が、2′20.499でポールポジションを獲得。幸田サーキットが予選1‐2獲得。
  • Endurance Stag EK9クラス 伊藤英行・窪田俊浩組(No.60永井医院☆幸田サーキットK-engEK9)が2′32.663で総合17位(クラス8位)を、またFFチャレンジクラスクラス 弥永朗・杉原国太郎組(幸田サーキットYRP☆K-eng EG6)は、2′34.253のタイムで総合24位(クラス6位)を獲得した。
    伊藤英行・窪田俊浩組(No.60永井医院☆幸田サーキットK-engEK9)
  • Vitz Race 今年A級ライセンスを取得、幸田サーキットレンタルカートで練習を重ね、初レースに挑む小林真奈美(No.969 グッドイヤー ネッツ東名古屋 Vitz)は予選B組で計測、24台中17番手のタイム2′53.004で、総合34位で決勝進出となった。

決勝(7月11日 天候:雨 路面:ウェット)

  • FJ1600クラス 予選4位のNo.56 川村和希(プロジェクトKK マース 関口 PFC)がロケットスタートを決め2位にジャンプアップ。しかし、最終コーナーでスピン。トップを走るNo.71 宇井健剛(レプリ☆幸田サーキット)は2位以下との差を大きく広げ、また2位以下は4台によるバトルが最終周まで繰り広げられた。スタートで順位を落としてしまったNo.75 渡邊季邦(幸田サーキット花林果.関宮Sレプリ04J)は激しい2位争いを最終ラップで抜け出し2位でチェッカー。優勝はNo.71 宇井健剛(レプリ☆幸田サーキット)が逃げ切り、幸田サーキット1-2を達成した。2位に入った渡邊はポイントリーダートップに浮上。
  • Endurance Stag EK9クラス 伊藤英行・窪田俊浩組(No.60永井医院☆幸田サーキットK-engEK9)はスタート担当の窪田が好スタートをきめ、1周終了時には13位で、さらにオーバーテイクを重ね一時は総合4番にまで浮上。2番手伊藤に交代。このスティント前半は2分50秒台、後半タイムを2分46秒台にまで縮め再び窪田にバトンタッチ。路面も徐々に回復してきてラップタイムも上向き42周終了時で最後のドライバー交代。レース終盤の47周目にはチームベストタイムの2′36.335をたたき出し、総合9位、クラス3位でチェッカーを受けた。同じクラスのトップとは同一周回、差は1′29.311だった。FFチャレンジクラスクラス 弥永朗・杉原国太郎組(幸田サーキットYRP☆K-eng EG6)も総合22位、クラス7位で見事完走を果たした。
  • EK9クラス 表彰式の様子

  • 決勝を雨で迎えた小林真奈美(No.969 グッドイヤー ネッツ東名古屋 Vitz)。緊張のスタートが切られた。雨の走行は今回が初めてとなる小林。1週目は順位を落としてしまうが、2周目に自己ベストの3′14.805を記録1つ順位を取り戻した。しかし3周目に痛恨のコースアウト。最後尾にまで順位を落としてしまう。7周のこのレース、トップとは同一周回で完走するもののほろ苦いレースデビューとなった。  小林真奈美さんのブログ